アメリカで大人気のkombuchaはダイエットも可能です

アメリカで大人気のkombuchaはダイエットも可能です

アメリカで大人気となったkombuchaは昆布茶ではありません。モンゴル発祥のkombuchaは、ロシアで伝統的に飲まれている発酵飲料です。日本は紅茶キノコとして昭和40年から50年代に流行したもので、キノコという名前ですがキノコではなく、紅茶や烏龍茶、緑茶、ルイボス茶などの中に砂糖と酢酸菌や酵母菌などの微生物でできたゲル状の菌をいれて培養した液体が紅茶キノコなのです。

 

どのような効果がkombuchaにあるか気になりますが、消化酵素の働きを高めて消化や吸収を助けたり、体全体の代謝を高めダイエット効果が期待でき、排泄機能を高めて解毒作用やデトックス作用、新陳代謝を活発にして体をアルカリ体質にするなど嬉しい効果ばかりが期待できるのです。

 

発酵食品と同じように生きている菌がお茶を発酵させるため、そのお茶を飲むことで善玉菌などの酵素を体に取り込むことが可能で、体の中に入った酵素は消化酵素の働きを高めるため、様々な効果が期待できるのです。老廃物を溜めないからだを作ったり、腸を綺麗に保ったり、新陳代謝が高まるためにkombuchaは健康に良いと言えます。

 

便秘や代謝機能が低下することが原因となる老化や肌荒れなどを防ぐことができるため、美容にも効果的なのでアメリカのセレブに人気という理由もわかります。

 

kombuchaはファスティングダイエットが効果的

味は紅茶のようでアップルティーにも似ています。効果を最大限に引き出す飲み方はデトックス効果が一番実感できるファスティングダイエットです。この方法は基本的にkombucha以外は何も口にしないで1日?2日のプチ断食をします。

 

痩せるためには糖分の入っているトニックウォーターではなく無味無臭の炭酸水が適しています。炭酸も腸を刺激するため、便秘解消を促す効果や代謝を上げる効果もあるため相乗効果が期待できます。ダイエットで多い方法は、2日間ファスティングダイエットをしたら、2日間は回復食で過ごす方法です。

 

断食後の回復食はお粥と味噌汁をメインにして、徐々に野菜スープやうどんなどの固形物を取り入れていくのが基本になります。注意が必要なのは復食1日目で暴飲暴食をすることです。復食1日目は体が食べ物を吸収しやすくなっているだけではなく、胃腸が休んでいたので、急に暴飲暴食をすると最悪は腸閉塞になる危険もあるため注意します。

 

ファスティング期間だけがダイエット期間ではないため、終わった後に気が抜けて暴飲暴食をすると確実にリバウンドしてしまいます。

 

置き換えダイエットでももちらん効果あり

ファスティングダイエットまではやりたくない、という場合には置き換えダイエットも可能です。朝昼晩のいずれかに飲みます。一番効果的なのは晩ご飯を置き換えるやり方です。夕食は高カロリーになるケースが多いため、それをkombuchaに置き換えるだけで胃腸などの内臓が休息する時間を長くとることになるためです。

 

また、食べることが好きなので晩ご飯は食べたいという場合には、朝食を置き換える方法もあります。朝食を置き換えるのは比較的空腹感が抑えられるので実は一番成功しやすいダイエット方法なのです。